安定化電源

電圧の安定化はまず一次側から!
負荷変動が大きい遊技台用に最適な開発をした電源装置!

@基本機能

店舗の所在地や分電盤から島までの距離により1次側の電圧が季節や天候により 1日の中でも大きく変動しております。従来からある24V用トランスではこの「変動 した1次側の電圧」により遊技台へその変動と比例した電圧を供給しておりました。 そこでまずは「1次側の電圧を安定させ、更に2次側の電圧も安定させる」ことに より遊技台のゲーム性を100%に近い形を発揮させます。

AAT−100 & AT−24

まず「AT−100」によって変動する1次側の電圧を±約8Vの調整が可能です。 「AT−100」から安定した電圧を受けさらに「AT−24」によって2次側も安定させます。 配線関係も専用のものを準備しております。安定化させるには本体内にある電子回路 によって制御しております。また本製品は周波数変動等の回路を排除した設計になっており リアクトルトライアックタップセレクター方式を採用し、トランスの入力タップの切換時に発生 する突入電流をリアクトルにより抑え、電子的に切り換えて制御する方式になっております。

B製品仕様

まず「AT−100」によって変動する1次側の電圧を±約8Vの調整が可能です。 「AT−100」から安定した電圧を受けさらに「AT−24」によって2次側も安定させます。 配線関係も専用のものを準備しております。安定化させるには本体内にある電子回路 によって制御しております。また本製品は周波数変動等の回路を排除した設計になっており リアクトルトライアックタップセレクター方式を採用し、トランスの入力タップの切換時に発生 する突入電流をリアクトルにより抑え、電子的に切り換えて制御する方式になっております。

C製品仕様

Dウルトラパワーサプライ導入データ

安定した電圧を端末の遊技機に安定供給するために、電動敗戦までも専用で製作し、システム化を図り、最大電位差を約0.5Vに抑えました。
※1.消費電力は1台当たりの大当たり時を160VAに設定した負荷装置による値です。
※2,変動電圧の値は参考値です。店舗によって、分電盤から島までの距離によって値は変動します。

設 置 前
  消費電力 1次側電圧(100V)※1 2次側電圧(24V)遊技機電圧※2 2次側電圧(24V)電圧差※2
無負荷 0VA 102.5V 26.27V  
大当たり1台負荷 160VA 101.2V 25.01V 1.17V
大当たり2台負荷 320VA 100.5V 23.92V 1.09V
大当たり3台負荷 480VA 100.1V 23.32V 0.60V
大当たり4台負荷 640VA 99.7V 22.77V 0.55V
大当たり5台負荷 800VA 98.8V 22.27V 0.50V
大当たり6台負荷 900VA 98.4V 21.80V 0.97V
大当たり7台負荷 1120VA 98.4V 21.27V 0.53V
大当たり8台負荷 1280VA 98.2V 20.77V 0.50V

設 置 後
  消費電力 1次側電圧(100V)※1 2次側電圧(24V)遊技機電圧※2 2次側電圧(24V)電圧差※2
無負荷 0VA 102.5V 25.50V  
大当たり1台負荷 160VA 101.2V 25.15V 0.35V
大当たり2台負荷 320VA 100.5V 25.40V 0.25V
大当たり3台負荷 480VA 100.1V 25.10V 0.30V
大当たり4台負荷 640VA 99.7V 25.35V 0.25V
大当たり5台負荷 800VA 98.8V 25.15V 0.20V
大当たり6台負荷 900VA 98.4V 25.45V 0.25V
大当たり7台負荷 1120VA 98.4V 25.55V 0.10V
大当たり8台負荷 1280VA 98.2V 25.55V 0.30V